胃痛が良くなった?スムージーと胃痛について

スムージーと胃痛。
スムージーは健康・美容・ダイエットに効果の高い飲み物というイメージが強くあります。
それは、生野菜と果物と水分を混ぜ合わせた飲み物だからです。

実際に、飲み続けることで便秘が解消されたり、風邪をひきにくくなったりといった効果を体験されている人も多くいます。しかし、やはり合う人と合わない人がいるのです。

例えば「胃痛」についてです。
胃が痛くて何も食べられないという状態の人がグリーンスムージーだけは体が受け付けて数日で胃痛がよくなったという人がいます。これは、グリーンスムージーは胃酸の量を調節してくれるという効能からの改善だと思います。しかし反対にグリーンスムージーを飲むことで胃が痛くなるという人もいます。グリーンスムージーは、野菜や果物をミキサーでどろどろにして飲むものなので、固形の状態より1回でたくさん摂ることができます。1回でたくさん摂れるから良いとされていますが、これが良くない場合もあり、それが胃痛の現れとなることもあるのです。野菜などの繊維質のものは消化に時間がかかります。たくさんの野菜を1回で摂ることで消化しきれず胃の中に溜まり、結果もたれたり、胃酸の分泌が過剰になり胃痛を起こすということもあります。

決して体悪いものではない野菜や果物ですが、個人個人体が受け付ける許容量は違うということです。ミネラル酵素グリーンスムージーとは
胃痛が改善される人は、そのまま飲み続けていいですが、グリーンスムージーを飲むことで胃痛が起こる人は、少しの間、飲むことを休んだり、量を減らす、材料を変えてみるなどをしながら様子をみてください。