家電量販店でスムージーミキサーの選び方とは

スムージーを作るミキサーとは一般的に家電量販店で市販されているミキサーになります。

スムージー専用のミキサーや通常のミキサーでも利用する事は出来ます。スムージー専用のミキサーは通常のミキサーよりパワーが異なります。ミキサーのメーカーやパワー、容器の大きさ、デザイン等で価格帯が異なります。ミキサーの価格帯は2千円前後から数万円するミキサーまで種類は様々です。

一番買われているミキサーは5千円前後になります。価格帯が安いミキサーはパワーが低いのでフルーツでも柔らかな物やヨーグルト、ジュースなどを混ぜる事が出来ます。生野菜を使うスムージーはパワーが必要になりますので、少しハイスペックのミキサーを選ばれた方が良いです。またスムージー専用のミキサーは容器の大きさや刃の作りが異なりますので、ご自身が納得するミキサーを選ばれた方が良いです。一般的に買われているお手頃な価格のミキサーは用途が色々と用意されている場合が有りますので、取扱い説明書を参考に利用する事が出来ます。

 スムージーを作るミキサーの選び方とはハイパワーでボトルの容量が大きく、安全装置やデザイン性が豊かなミキサーになります。

市販されているミキサーの中には125Wから900Wまで色々な種類のミキサーが販売されております。
ミキサーのスペックによりお値段に違いが出てきます。また、各種メーカーによっても値段が異なりますので、ミキサーを購入する際は何を重視するかを決めて選ばれた方が良いです。スムージーでも色々な種類が存在します。

生野菜を使うスムージーやフルーツだけ使うスムージー、粉末を使うタイプのスムージーなど用途別にミキサーを選ぶ事が出来ます。簡単な物を混ぜる程度のミキサーはお値段も低いので気軽に購入する事が可能です。その他の種類ではジューサーやブレンダ―、ハンドシェイカーなどが販売されております。

どんな粉末スムージーが良いか迷われた方は参考サイトのランキングより選ばれると良いですよ。

朝食べない人のグリーンスムージーダイエットは効果ある?

健康やダイエットに流行しているグリーンスムージーですが、朝食を食べない人にも効果はあるのか?それは「ある」とも「ない」とも言い難いです。

そもそもグリーンスムージーとは、生野菜(グリーン)と果物を水などの水分とをミキサーなどで混ぜ合わせた飲み物のことをいいます。
これをそれまで朝食を食べていなかった人が朝飲むことによりカロリーの摂取量が増えるので単純に考えて体重は増えることになります。

しかし、グリーンスムージーを飲むことで野菜のデトックス効果や酵素を摂取できることになるので、結果健康的にダイエット成功に結びつくことになります。
グリーンスムージーは体重を減らす薬ではないので、これを朝飲むことで即体重減少にはつながりません。しかし、毎日飲み続けることで痩せやすい体になっていきます。
効果の出方は個人差があるので、○日間、△リットル飲んだら痩せます、というようなことはいえませんが、体にいいことは確かです。

長期間飲み続け、且つ食事を見直し、運動も取り入れるなどをすることダイエット効果は現れてきます。
それまでの食生活により、グリーンスムージーを飲むだけでダイエットに効果を得られる人もいますし、そうでない人もいます。

体に無理のない範囲で長期的にじっくり取り組むのであれば、朝食べない人がグリーンスムージーを飲むことでダイエット効果は得られてきます。長期的に続けるならグリーンスムージーを粉末にした商品がおすすめですよ。

胃痛が良くなった?スムージーと胃痛について

スムージーと胃痛。
スムージーは健康・美容・ダイエットに効果の高い飲み物というイメージが強くあります。
それは、生野菜と果物と水分を混ぜ合わせた飲み物だからです。

実際に、飲み続けることで便秘が解消されたり、風邪をひきにくくなったりといった効果を体験されている人も多くいます。しかし、やはり合う人と合わない人がいるのです。

例えば「胃痛」についてです。
胃が痛くて何も食べられないという状態の人がグリーンスムージーだけは体が受け付けて数日で胃痛がよくなったという人がいます。これは、グリーンスムージーは胃酸の量を調節してくれるという効能からの改善だと思います。しかし反対にグリーンスムージーを飲むことで胃が痛くなるという人もいます。グリーンスムージーは、野菜や果物をミキサーでどろどろにして飲むものなので、固形の状態より1回でたくさん摂ることができます。1回でたくさん摂れるから良いとされていますが、これが良くない場合もあり、それが胃痛の現れとなることもあるのです。野菜などの繊維質のものは消化に時間がかかります。たくさんの野菜を1回で摂ることで消化しきれず胃の中に溜まり、結果もたれたり、胃酸の分泌が過剰になり胃痛を起こすということもあります。

決して体悪いものではない野菜や果物ですが、個人個人体が受け付ける許容量は違うということです。ミネラル酵素グリーンスムージーとは
胃痛が改善される人は、そのまま飲み続けていいですが、グリーンスムージーを飲むことで胃痛が起こる人は、少しの間、飲むことを休んだり、量を減らす、材料を変えてみるなどをしながら様子をみてください。

スムージー作りに必要な道具

昨今流行のスムージーですが、それを自分で作りたい場合、必要な道具・・・
それはジューサーやミキサー、ブレンダ―だけです。

スムージーとは、野菜や果物と水をミキサーを混ぜ合わせた飲み物を指すので、基本的に野菜や果物をすり潰して撹拌できればいいのです。すりこ木やすり鉢が家にあれば、それでもスムージーは作れるということです。しかし、これは大変な手作業になることは考えるまでもありません。ミキサーも今は2000円以下で販売されているものもあります。

基本的にどんなミキサーでもOK

スムージーの流行から「スムージーが作れます」と謳ったミキサーも販売されていますが、材料をすり潰して撹拌できればいいので、基本的にどのミキサーでもスムージーを作ることができます。高価なミキサーは8万円くらいするものもありますが、それぞれ機能が異なるので、自分がどのようなスムージーを作りたいのか、せっかくミキサーを購入するのだから、スムージーの他にもどのように使用したいか?なども考えた上で購入するミキサー選びをするといいです。

しかしミキサーを選ぶポイントがある

ミキサーと野菜と果物と水があれば作れるスムージーなので、ミキサー選びは大切となります。
もちろん安価なものでもスムージーは作れますが、繊維の豊富な野菜を中心としたグリーンスムージーを作る場合はパワーが強いもののほうが、口当たりの良いものが出来上がります。反対に、バナナや柔らかいイチゴ、マンゴーやキウイなど柔らかい果物中心のスムージーを主に作る場合はパワーの弱いものでも作れます。

スムージー作りにはミキサーなどの材料をすり潰して撹拌できる道具があればいいので、その道具選びは、その他に何を求めるのかも考えて、いくつかの商品を比較すると自分の欲しい1つが決まってきます。